コーヒーと植物性由来肉で好調なダンキン

ダンキンドーナツがドーナツの看板を外し、コーヒー屋として本格的に歩み始め、一定の成果をあげているが、最近はBeyond Meat(ビヨンドミート)の植物性由来肉を提供することでマーケットでは高値が続いている。

関連記事:ダンキンドーナツからドーナツが消え、マーケットもコーヒー屋と認識し始めた

以下は、青線がDunkin’ Brands Group Inc.<US:DNKN>、黒線がダウ平均株価の1年間のパフォーマンスである。5月頃までは概ねダウ平均株価と似たパフォーマンスを示しているが、5月頃からアウトパフォームしている。

ダンキンとダウ平均株価の1年パフォーマンス
出典:Market Watch

5月はそのBeyond Meatが上場した時で、植物性由来肉を使ったメニュー追加の話が出ていた。そして、この度ビヨンドソーセージを使った朝食メニューが追加されるに至った。(冒頭画像はダンキン公式サイトより)

時代に合わせてどんどん変化できるのは凄いと思うとともに、このまま好調な状態が続くのかという心配もある。そして、やや株価が高すぎやしないかという懸念もある。

参考文献:CNBC, “Dunkin’ adds Beyond Meat’s sausage to its menu, starting in New York”, 24 Jul 2019

この記事の著者 HAL について

金融・マーケティング分野の機械学習システム開発や導入支援が専門。SlofiAでは主に海外情勢に関する記事、金融工学や機械学習に関する記事を担当。

HAL の記事一覧