ターゲットはビーガンから健康志向者へ:タコベル

KFCやピザハットなどと親会社(ヤム・ブランズ)を同一とするタコベルは、植物性由来肉で勢いのあるBeyond MeatやImpossible Foodsの製品をメニューに採用する計画は無いことをCNBCに対して話した。

タコスに挟む具はハンバーガーよりも多様なので、タコベルは昔からベジタリアンに優しいチェーン店であると米国では認識されている。

2019年初め頃から、競合他社であるデル・タコなどに続いてタコベルもビーガン向けの 製品のテストを発表したが、最終的にはBeyond Meatのような植物性由来肉ではなく「人それぞれで考え方が異なるベジタリアン」に対するオプションとしてベジタリアンメニューを全国展開することに決めた。

既にタコベルの売上の9%はベジタリアン向けメニューだが、それは挽肉の代わりに豆を使ったビーンブリトー(2番目に人気のメニュー)であり、多くのベジタリアンの趣向には合うが、ビーガンには合わないといったものだ。

実際、ギャラップ社の世論調査によると、米国人の5%は「菜食主義者」と認識しているが、Beyond MeatやImpossible Foodsなども「準菜食主義者」をターゲットとしようとし始めている。

準菜食主義者は「できるだけ植物性の食物で生活しようとする考え方」であり、全く肉食をしないという意味ではない。ミンテルの世論調査では60%の米国人が「肉食を減らす事」自体には関心を持っている。

タコベルもよりボリューム層が狙える「健康志向」をターゲットとしようとするのが戦略であると言える。

5%をターゲットにしないのは、市場がニッチであることもあるが、やはり菜食主義者にとって問題となるのが「味」である。Beyond Meatなどは技術的には成功しているが、やはり「価格」と「大量生産体制」がネックとなっており、今後の成長の為にもターゲットを「広げていく」予定である。

タコベルにとっては、既にベジタリアンメニューで一定の地位を築いているが、今後Beyond Meatなどが勝負を挑んでくる形であり、ますます面白いことになってくるだろう。

参考文献:CNBC, “Taco Bell will not be adding fake meat from Beyond Meat or Impossible Foods to its menu”, 20 Jun 2019

この記事の著者 HAL について

金融・マーケティング分野の機械学習システム開発や導入支援が専門。SlofiAでは主に海外情勢に関する記事、金融工学や機械学習に関する記事を担当。

HAL の記事一覧