夢の物質「大麻フラボノイド(カンフラビン)」とは何か

ウェブメディアGreen Entrepreneurが、注目されている物質「大麻フラボノイドカンフラビン)」を取り上げ、それがどのようなもので、どう役立つ可能性があるかについて論じている。

大麻フラボノイドとは何か?なぜ研究者は注目しているのか?(Green Entrepreneur)

  • フラボノイドは植物界に広く分布し、色素や健康上の利点がある
  • 1985年、アスピリンの30倍強力な抗炎症剤として利用可能性がある大麻フラボノイド(カンフラビンAとカンフラビンB)を発見
  • 大麻に含まれるカンフラビンは極微量であり、従来は大量の大麻が必要で実用化が難しかった
  • 最近、カナダのゲルフ大学の研究者らが、ゲノムマイニングを利用してカンフラビンを生成する大麻の遺伝子を抽出し、大麻を栽培しなくてもカンフラビンを操作する方法を発見したと主張
  • 研究者らは、オピオイドを超える理想的な鎮痛剤を開発できる可能性があると声明
  • 今になってカンフラビンの研究が進んだ理由は2つある
  • 一つは、カナダの大麻合法化により、今まで抑制されていた大麻研究が活性化したから、今回のブレークスルーにつながった
  • もう一つは、時代の流れでゲノム研究が進歩したからである

補足

フラボノイドと言えば難しいが、ポリフェノールの一種と言えば、いかに自然界にあふれているかが分かるだろう。

赤紫色の色素を構成しており、ブルーベリーなどに多く含まれる。そしてポリフェノールの健康上のメリットは、ブームが起こった日本ではよく知られているだろう。

カンフラビンAとカンフラビンBが注目されるのは、向精神性無くして炎症を抑える効果があるからである。これがオピオイドを超える理想的な鎮痛剤となりうるのではないかと注目されている所以である。

今回のゲノムマイニングを利用したカンフラビンの生成についての声明は、

参考:University of Guelh, “U of G Researchers First to Unlock Access to Pain Relief Potential of Cannabis ”, 23 Jul 2019

元の論文については、

REA, Kevin A., et al. Biosynthesis of cannflavins A and B from Cannabis sativa L. Phytochemistry, 2019, 164: 162-171. https://doi.org/10.1016/j.phytochem.2019.05.009

で公開されている。(論文も無料でHTMLベースで閲覧可能だ。)

参考文献

Green Entrepreneur, “What Are Cannabis Flavonoids And Why Are Researchers So Interested In Them?”, 22 Aug 2019

       

この記事の著者 HAL について

金融・マーケティング分野の機械学習システム開発や導入支援が専門。SlofiAでは主に海外情勢に関する記事、金融工学や機械学習に関する記事を担当。

HAL の記事一覧 SlofiAのtwitterアカウント@slofia_finance