リモートワーカーに適した都市はカンザスシティ。州で見ればテキサス

Overheard On Conference Callsが「米国でリモートワーカーにとって最良・最悪の都市」を発表している。米国の労働者の約16%が何らかの形でリモートワークを行っており、もはや珍しいことではない。

この指標は比較的シンプルな手法で計算されており、「労働ファクター」と「生活ファクター」で合わせてかれる。労働ファクターは、

  • 平均Wi-Fi速度:20点満点
  • 1人当たりコワーキングスペース:10点満点
  • 1人当たりコーヒーショップ数:5点満点

と仕事をする上での環境が35点満点で計算される。

生活ファクターは、

  • 生活費:10点満点
  • 節約される平均通勤時間:5点

と物価の安さと、リモートワークによってどれだけの通勤時間が抑制されるかで15点満点で計算される。

以下が上位10都市の位置と名称である。1位はミズーリ州カンザスシティだが、3位(オースティン)、5位(サンアントニオ)、9位(ダラス)とテキサス州が3つも入っていることが特徴だ。

リモートワーカーにとって最良の都市
出典: Overheard On Conference Calls

指標の内訳を見ても分かる通り、このインデックスで上位に入るには、通勤時間が長い人が多く、設備(Wi-Fiやコワーキングスペース)が整っており、物価が安い都市であることが重要である。ダラスなど一部の都市を除いて田舎であるテキサス州は、この条件を満たしている。

テキサス州は、別の調査ではスタートアップにとっても最良の都市であると示されており、同様にリモートワーカーにとっても優しい地域である可能性が高い。

関連記事:デラウェアでスタートアップも今は昔。今やテキサスの時代

       

この記事の著者 HAL について

金融・マーケティング分野の機械学習システム開発や導入支援が専門。SlofiAでは主に海外情勢に関する記事、金融工学や機械学習に関する記事を担当。

HAL の記事一覧 SlofiAのtwitterアカウント@slofia_finance