Wild Oneが健康志向の高級犬用おやつを発売開始

年々成長しており2018年時点で720億ドルにも達する米国のペット産業市場において、人間だけでなくペットにも健康志向が拡がりを見せている。

アメリカでは中国産の犬用ジャーキーによる大量の犬の死亡(2013年)やサルモネラ菌汚染のドッグフード(2018年)など度々悪質なドッグフードによる問題が発生し、FDAも警告している。

そうでなくても肉副産物や畜産副産物といった原材料の中には粗悪なもの(場合によっては屍や羽糞尿など)が含まれているケースがあるとも指摘され、原料を気にする飼い主も多い。

参考:ドッグフードのおすすめ完全ガイド

或いは人間には認可されていないような化学薬品を使用しているケースもあると言われ、こうした状況がペットの健康志向拡大の背景である。

2017年に設立されたWild Oneは、安全な材質を使って犬の首に負担をかけないハーネスや、安全性が高いペット用の皿などを販売するベンチャー企業だが、この度、犬用の健康志向のおやつ販売した。

参考:Wild One公式サイト

チキンテンダー、さつまいもチップス、フィッシュパフの3種類だが、これまた高い。例えばチキンテンダーは113グラムで22ドルで人間もびっくりのおやつである。

その製造は徹底しており、放し飼いで育て(ケージフリー)、抗生物質を使わない飼料を与えた鶏を手切りで加工したものだ。放し飼いにコストがかかるのは当然で、更に製造工程で化学物質や充填剤なども利用していない。

ここまで徹底するのはやりすぎと思う人もいるかもしれないが、高付加価値化はどの分野でも高収益化の方法の一つである。人間用のものは健康食品などもありふれているが、ペット産業などまだあまり手がつけられていない分野があるという意味では示唆に富む。

参考文献

Fast Company, “These single-ingredient dog treats make sure your pets are eating clean food”, 18 Apr 2019

この記事の著者 HAL について

金融・マーケティング分野の機械学習システム開発や導入支援が専門。SlofiAでは主に海外情勢に関する記事、金融工学や機械学習に関する記事を担当。

HAL の記事一覧