今、台湾のカフェが熱い:注目のカマカフェ

台湾では朝食を外食で済ませる文化があることをご存知だろうか?

そのためカフェの需要は非常に高く、各社が差別化戦略を打ち出し、競争は激化している。

直近でもこれらのニュースが次々に出てきているのでご紹介。

台湾のカフェチェーン「カマカフェ」(cama cafe)は日本の茶舗「辻利茶舗」とコラボレーションし、抹茶を使った新メニューを発売する。

台湾のカフェ、日本の茶舗とコラボ 抹茶メニューで新規客獲得へ 2019/1/31
中央通訊社

北部・新竹県新豊郷の廃駅、旧新豊駅がコーヒーチェーン、スターバックスの店舗として生まれ変わり、24日に営業を開始した。

廃駅がカフェに スターバックス新店舗、初めて鉄道と融合/台湾 2019/1/25
中央通訊社

スーパー大手PXマート(全聯福利中心)を手掛ける全聯実業は12日、阪急百貨店などを展開するエイチ・ツー・オーリテイリング(H2O、大阪市)と共同出資で、ベーカリー事業を担う新会社を設立すると発表した。

台湾大手スーパー、ベーカリーに注力へ 日本企業と共同出資会社 2019/2/13
中央通訊社

台湾の大手コンビニエンスストア2社は異業種と提携した複合型店舗の出店を拡大している。セブン-イレブンを展開する統一超商は25日、ビザチェーンのドミノ・ピザとの一体型店舗を台北市内にオープン。ファミリーマート(全家便利商店)はカフェ旗艦店やコインランドリー併設店などを相次いで出店している。

台湾セブン、ドミノ・ピザと提携 焼き立てを販売 ファミマも複合店拡大 2019/2/25
中央通訊社

中でも注目したいのはテイクアウト中心の小規模店舗を展開する「Cama Cafe」(カマカフェ)。

安いがコーヒーの品質が高いことが特徴で、台湾ではスターバックスを凌ぐ人気のようだ。

順調に店舗拡大を進めており、2020年末までにIPOを目指す予定とのことなので今後の動向も見逃せない。

参考文献

台湾のカフェ、日本の茶舗とコラボ 抹茶メニューで新規客獲得へ 2019/1/31

廃駅がカフェに スターバックス新店舗、初めて鉄道と融合/台湾 2019/1/25

台湾大手スーパー、ベーカリーに注力へ 日本企業と共同出資会社 2019/2/13

台湾セブン、ドミノ・ピザと提携 焼き立てを販売 ファミマも複合店拡大 2019/2/25

この記事の著者 YOUKI について

SlofiAでは金融・財務分析関係を専門に執筆。元銀行出身で融資関連業務の経験が中心。現在は上場企業の経理を担当。

YOUKI の記事一覧