メコン川の水位は危機的状況は脱するも生態系にまで影響する可能性

以前、タイで深刻な干ばつが続いていることを紹介した。

関連記事:深刻な干ばつが続くタイ

あれから2週間ほど経ち、少し状況が変わったようだが、楽観できる状態でもない。

メコン川の水位は上昇しているが、まだ非常に低い(Bangkok Post)

  • 数ヶ月間危機的な状況が続いたメコン川の水位は、先週からの雨量増加で上昇
  • 北東部国境沿いの水位は上昇したものの、依然として昨年に比べて非常に低い
  • 現在の水位は4.3mだが、平年では9-10m
  • 灌漑事務所が農業用・水道用用水の確保のため、支流の水を確保してメコン川に流入するのを阻止している
  • 漁獲量にも大きな影響しており、魚市場に影響しているだけでなく、いくつかの魚種が絶滅する可能性もある

何よりも水道・農業用水が重要なので、前回も報じたように灌漑事務所による貯水も行われており、メコン川の水位はそれほど高くまで上がっているわけではない。

しかし皺寄せが来るのが「魚」であり、漁獲量に影響するだけでなく、生態系にまで影響する可能性があるのは深刻である。

参考文献

Bangkok Post, “Mekong water level rising, but still very low”, 4 Aug 2019

       

この記事の著者 HAL について

金融・マーケティング分野の機械学習システム開発や導入支援が専門。SlofiAでは主に海外情勢に関する記事、金融工学や機械学習に関する記事を担当。

HAL の記事一覧 SlofiAのtwitterアカウント@slofia_finance