マレーシアとインドネシアが共同でWTOにEUのパーム油削減計画について異議申し立てを検討

マレーシアとインドネシアとEUの間におけるパーム油の問題は以前にも当サイトで取り上げた。EUが環境汚染を理由にパーム油の輸入を削減しようとしていることについて、マレーシアとインドネシアが反発している。

関連記事:マレーシア、インドネシア、EUをめぐるパーム油の複雑な問題

これに関して暫く大きな動きが無かったが、マレーシアは11月までにインドネシアと協同でWTO(世界貿易機関)に異議申し立てを行う予定であることがBangkok Postなどの報道で分かった。

インドネシアとマレーシアは世界第一位・第二位のパーム油生産国であり、産業としてもパーム油は非常に重要な地位を占めている。

そもそもEUの環境政策だけでなく、景気後退予測などから世界的に燃料油・食用油の輸入量は減少しており、インドでも6月のパーム油の輸入量は前月比16%減(食用油の輸入量は前月比9%減)と輸出市場全体が軟調である。

実際、パーム油の国際価格は1年間で14~21%値下がりしており、これは他の燃料などと比べても非常に高い下落率である。

パーム油については、また続報が入り次第紹介していく予定である。

参考文献
Bangkok Post, “Malaysia to file WTO complaint on EU’s palm oil curb”,15 Jul 2019
Bernama, “India’s palm oil imports drop 16 per cent in June”, 15 Jul 2019

この記事の著者 HAL について

金融・マーケティング分野の機械学習システム開発や導入支援が専門。SlofiAでは主に海外情勢に関する記事、金融工学や機械学習に関する記事を担当。

HAL の記事一覧