米国人が信頼するニュースソース:ローカル志向とインターネットの躍進

ギャラップ社が信頼するニュースソースについて世論調査を行い、1998年の調査と比較していた。(下図)

米国人が信頼するニュースソース(1998年・2019年)
出典:ギャラップ社世論調査より筆者がグラフを再作成

ここから読み取れる主要な特徴として以下を挙げられる。

  • 地元のローカルメディアの信頼度が高く、総じて上昇している
  • 三大放送局(ABC, CBS, NBC)とCNNは信頼度を大きく落とす
  • インターネットのニュースの信頼度が大きく上昇
  • ラジオ、テレビのトーク番組の信頼度も大きく上昇

グローバル化が進む反動もあって、ある種のローカル志向が進むというのは、多くの先進国で共通して見られ、ローカルメディアの信頼度が20年で更に上昇しているのは非常に興味深い。特に「ローカルテレビのニュース」の信頼度は74%と非常に高い。

一方で三大放送局などいわゆる「マスコミ」の信頼度が大きく落ちているのも妥当な結果だろう。特に、トランプ大統領に対するフェイクニュースや中国資本の参入などでCNNは大きく信頼度を落としている。(64%→48%)

「インターネットのニュース」は、1998年時点では「テレビのワイドショー」(29%)よりも低い信頼度(25%)だったが、2019年には40%にまで信頼度が上昇している。

インターネットのニュースは玉石混交であるが、メディアの一つとして定着しているというのは実感に合う。一方で、テレビやラジオのトーク番組の信頼度も大きく上昇しているのは、メディアリテラシーの低下と言えようか。

ギャラップ社の世論調査では、他にも

  • 党派別信頼するニュースソース
  • 利用するニュースソース

についての調査結果も掲載されている。

参考文献:Gallup, “In U.S., 40% Trust Internet News Accuracy, Up 15 Points”, 22 Aug 2019

       

この記事の著者 HAL について

金融・マーケティング分野の機械学習システム開発や導入支援が専門。SlofiAでは主に海外情勢に関する記事、金融工学や機械学習に関する記事を担当。

HAL の記事一覧 SlofiAのtwitterアカウント@slofia_finance