インドを重視する中国のXiaomiとOnePlus

景気後退予想や債務状況、貿易戦争など、中国の経済状況が非常に問題視される中、中国の大手スマートフォンメーカーのXiaomi(シャオミ)とOPPO傘下のOnePlus(ワンプラス)は、どちらもインド重視の戦略を取っており、強気の姿勢である。

Xiaomiは経済減速の心配をしていない(The Economic Times)

  • シャオミはインドの経済成長鈍化をあまり懸念しておらず、1桁台後半の成長率予想
  • 上半期のシャオミは7-9%成長と見込まれる
  • ハイエンドモデルXiaomi Mi A3の展開時には、インドでもスマホが不可欠となっており、景気減速の影響を受けにくくなっていると発言
  • スマホだけでなく、テレビやオーディオなど多くの製品分野での成長を見込む
  • シャオミのスマホを2度目3度目の購入者が求める製品の単価が上がっている
  • インドでの実店舗展開も継続する予定

OnePlusは9月にスマートテレビを発売開始し、インドから展開する(The Economic Times)

  • スマートテレビOnePlus TVを、本国の中国よりも先にインドに展開予定
  • 製品の価格や仕様についてはまだ詳細を明らかにせず
  • 同社は2年かけてスマートテレビの開発をしており、成功を確実にするためにマーケットを一つに絞った
  • OnePlus TVのコンテンツを充実させるために、各国の地域のコンテンツプロバイダーと提携を進めている
  • OnePlusは、2019Q2のインドでのハイエンドスマートフォンの出荷数の43%を占める
  • OnePlus TVはIoTのための第一歩と位置づける

補足

中国の大手スマートフォンメーカー2社に共通するのは、

  • インドの重視
  • スマートフォンだけでなくテレビなどの販売も力を入れていること

である。

後者の記事にも出てくるが、特にOnePlusのスマートテレビ戦略は、今後伸びるIoT分野の成長を見越した展開が特徴で、中国よりも先にインドで発売開始する強気さである。

経済成長鈍化が指摘されるが、スマートフォンの普及率も客単価も上昇しているインドにおいては、影響を受けるのが遅いというのが両者の見方である。

Xiaomiの実店舗展開については、現時点で

  • 2,000店舗以上のMi Store
  • 78店舗のMi Home
  • 6,000以上のマルチブランドアウトレットとの提携

と実店舗販売も力を入れており、今後もその数を増やしていくようだ。

参考文献

The Economic Times, “Xiaomi not concerned by economic slowdown”, 21 Aug 2019

The Economic Times, “OnePlus to launch smart TVs in September, to be available in India first”, 21 Aug 2019

       

この記事の著者 HAL について

金融・マーケティング分野の機械学習システム開発や導入支援が専門。SlofiAでは主に海外情勢に関する記事、金融工学や機械学習に関する記事を担当。

HAL の記事一覧 SlofiAのtwitterアカウント@slofia_finance