サイドハッスル:お金だけが目的でない新しい副業の形

日本でも副業を容認する企業が少しずつ増えてきているが、簡単にビジネスとして成功することは難しい。低リスクで持続性が高いビジネスを選ぶことが重要となる。

持続性の高さが意外に重要で、1週間働いた週末に別のビジネスを行うのは、体力的にも心理的にも大変なので「楽しい」ことは非常に重要である。

そんな「お金だけが目的でない副業」のことを、従来の副業(side job)に対してサイドハッスル(side hustle)という。

目的としては様々なものがあり、例えば

  • 趣味の延長となるビジネス
  • 新しいスキルの獲得を兼ねたビジネス

といった目的がある。

ネットメディアSmall Business Trendsでは沢山の例が紹介されており、例えば、

  • Uberなどでの運転ビジネスや食品配達
  • ブログ、YouTuber、ポッドキャストの配信
  • 転売ビジネス
  • 税金相談、経営相談
  • ソーシャルメディアアカウント管理
  • オンライン講座での指導

などが紹介されている。運転自体が好きであればUberは持続性が高い副業であるし、コンサルティング関連なら自分の知識を活かしつつ、関連的な知識の習得などにも役立つ。

こうしたサイドハッスルを行う人が増えれば、そこに目をつけたビジネスもあるだろうし(既にいくつか存在するが)、単純なスモールビジネスとして見過ごせない分野だろう。

参考文献:Small Business Trends, “What is a Side Hustle?”, 18 Jul 2019

この記事の著者 HAL について

金融・マーケティング分野の機械学習システム開発や導入支援が専門。SlofiAでは主に海外情勢に関する記事、金融工学や機械学習に関する記事を担当。

HAL の記事一覧