タイ:スタートアップ・センチメント・インデックスは3四半期連続で悪化

タイ政府貯蓄銀行(GSB)が2018年からスタートアップ企業500社を対象に調査して公表しているスタートアップ・センチメント・インデックス(SSI)が3四半期連続で悪化している。

以下はSSIと翌四半期の見通しの推移を示している。2019年第二四半期の見通しデータが無いのは、発表時期と新研究所設立のタイミングが重なり、データが公表されておらず不明である。

Startup Sentiment Index
出典:GSB

見ての通り、SSIも見通しも下落傾向にある。中立が50として指標が作られているので、まだまだ楽観的な新興企業の方が多いとは言えるが、

  • 景気後退リスク
  • 消費支出の鈍化
  • 貿易リスク
  • 干ばつや洪水

といった内外の要因により2019年第三四半期は51.85と低い数値を示している。その割に次の3ヶ月の見通しが楽観的なのは、

  • 観光シーズン
  • 新年の需要
  • 政府の景気刺激策の見込み

が影響している。

まだ運用されてから2年足らずの新しい指標であり認知度も低いが、自然な数値が出ており、有用性が高い可能性がある。

参考文献[1]:GSB, ดัชนีความเชื่อมั่นผู้ประกอบการ Startup

参考文献[2]:Bangkok Post, “GSB: Startups continue bleeding confidence in Q3”, 10 Dec 2019

       

この記事の著者 HAL について

金融・マーケティング分野の機械学習システム開発や導入支援が専門。SlofiAでは主に海外情勢に関する記事、金融工学や機械学習に関する記事を担当。

HAL の記事一覧 SlofiAのtwitterアカウント@slofia_finance