ベトナムで豚コレラが大流行しているが、、、日本も他人事ではない

ブルームバーグによると、ベトナムでは今年の2月初めに報告されてから現状までに約500万頭が殺処分されている。このままの状況では10月末には豚肉不足が予想されるとの話もあるようだ。

参考:Vietnam’s Pork Shortage May Surge to $1.3 Billion by January(Bloomberg)

岐阜県における豚コレラの疑似患畜の確認(国内40例目)について(農水省)

一方で日本でも他人ごとではなく、 豚コレラは 今年に入ってからも度々発生している。最近では農水省によると2019年9月4日には岐阜県中津川市で報告されている。

ただし、ベトナムと日本で発生しているものは違うものであり、日本のものは「豚コレラウィルス」によるものであり、ベトナムのものは「アフリカ豚コレラウィルス」に起因するもので全く別物である。

なお、豚コレラ自体は人への感染はせず、食したことによる影響もない。しかしながら、豚同士の感染での致死率は非常に高い。どちらにしても、感染力が非常に強い為、感染が拡大すればベトナムのように国内の養豚農家に甚大な被害を与えかねない状況になる。

       

この記事の著者 YOUKI について

SlofiAでは金融・財務分析関係を専門に執筆。元銀行出身。現在は上場企業の経理を担当。

YOUKI の記事一覧 SlofiAのtwitterアカウント@slofia_finance