アフリカ豚コレラの流行でも豚肉価格が安定するベトナムと今後

アフリカ豚コレラが流行するベトナムでは9月までに500万頭以上の豚が殺処分され、供給不足が懸念されていた。(関連記事:ベトナムで豚コレラが大流行しているが、、、日本も他人事ではない)

しかし、ブルームバーグなどで指摘された懸念とは裏腹に、今までのところ目立った供給不足が発生していないようである。農業・農村開発省(MARD)は今後の需要増にも対応できるという見解を持っている。以下はMARDの家畜生産課のグエン・スアン・ドゥオン課長代理を発言をまとめた記事である。

来月以降の国内需要も満たせる豚肉供給(Vietnam+)

  • 1kg当たりの国内豚肉価格は北部で65,000~66,000VND、南部で60,000~61,000VNDと安定的に推移(10,000VND≒46円)
  • 一時的に75,000VNDに上昇したが、これは流通トラブルであり多くの地域に大量の豚肉が供給されている
  • アフリカ豚コレラに対処するとともに家禽・牛・魚介類の生産を奨励しており総食料供給の不足の心配は無い
  • 年末から旧正月テト(1月25日)の休暇にかけて最大25%の需要増が見込まれる
  • 需要増に対応するために農業、貿易、産業部門間の緊密な協力が必要

補足

肉と言えば豚肉というのがベトナムであり、63の省・市の650箇所近くの7,700以上の自治体でアフリカ豚コレラが拡がり、500万頭以上の殺処分という言葉に筆者も驚いたが、初動が良かったのか総供給には大きな影響を与えておらず、供給不足という事態には至っていない。

但し、年末から旧正月にかけて25%も大幅に需要が増加する可能性が指摘されており、政府は対応に追われている。MARDはそれほど深刻な見方をしていないが、やや楽観的過ぎるようにも見える。

参考文献

Vietnam+, “Pork supply to meet demand on domestic market next months”, 18 Nov 2019

       

この記事の著者 HAL について

金融・マーケティング分野の機械学習システム開発や導入支援が専門。SlofiAでは主に海外情勢に関する記事、金融工学や機械学習に関する記事を担当。

HAL の記事一覧 SlofiAのtwitterアカウント@slofia_finance