ベトナムのバブルなリゾート地:フーコック島

要約

  • 立地と豊かな自然によりベトナム南部のフーコック島はリゾート観光が活況
  • 投資家にとって有利な経済特区に向けての開発も進み、不動産ツーリズムなども活況
  • ホーチミンの地価を超えるなどバブルの懸念も強い

フーコック:2019年に有望な不動産ツーリズム市場(Vietnam+)

  • 2018年は前年比36%増の400万人の観光客が訪れたリゾート地
  • 観光事業をしたい投資家による不動産ツーリズムも活況で2019年も活発な投資が見込まれる
  • 手付かずのビーチ、 サンゴ礁、国立公園、真珠養殖、伝統的な魚醤製造などの観光資源

初の現地人向けカジノが3年間の試験運用という形でベトナムにオープン(Retail News Asia)

  • フーコック観光投資開発省(JSC)が建設したコロナリゾート&カジノのカジノ施設
  • 年齢・所得制限などを満たしたベトナム人が入場できる3年間の試験期間を承認
  • ベトナムの既存の7つのカジノは外国人観光客向けで現地人は入場できなかった

フーコックが次なるMICEの目的地となる5つの理由(Travel Daily)

  • ベトナム本土から近くリゾート地として確立しているが、豊かな自然と文化が多く残る
  • ユネスコのキエンザン生物圏保護区の一つで、シュノーケリングなども楽しめる
  • それ自体が目的地となりうる高級ホテルが揃う
  • 外国人は30日間のビザ免除資格があり、各国からの直行便など旅行へのハードルが低い
  • MICEに耐えうるデザイン性があり広いミーティングスペースが存在する

解説

ベトナム南部西端より約40kmほどに位置するフーコック島(Phu Quoc)は、タイやマレーシアなど東南アジア各国の中間に位置するという立地から、アクセスの良いリゾート地として年々注目度が高まっている。

観光客が多く訪れるだけでなく、投資先の選定のための不動産ツーリズムやビジネス関連の旅行や会議利用MICE(Meeting, Incentives, Conferencing, Exhibitions)などビジネス分野での利用での注目も高まっている。言うなれば「プーケット+シンガポール」を目指すようなポジションであろう。

注目度の高まりに拍車をかけているのがベトナム政府がフーコックを特別行政経済区に発展させるというマスタープランであり、前述の観光ビザ免除だけでなく、

  • ベトナムで最も低い法人税・所得税
  • 土地の賃貸料の4年間免除
  • 続く9年間の50%削減

といった投資家にとって魅力的な政策があるからである。

一方でその過剰投資はバブルの懸念も引き起こしており、昨年頃から「ホーチミンの地価を超えている」など警告を発する記事・報告も増えており、政府も対応に追われているようだ。

参考文献

Vietnam+, “Phu Quoc – potential real estate tourism market in 2019”

Retail News Asia, “Vietnam’s first casino for locals opens on three-year trial basis”

Travel Daily, “5 reasons why Phu Quoc will be the next big MICE destination”

この記事の著者 HAL について

金融・マーケティング分野の機械学習システム開発や導入支援が専門。SlofiAでは主に海外情勢に関する記事、金融工学や機械学習に関する記事を担当。

HAL の記事一覧