グローバル気候リスク指数2020で日本が1位に

ドイツの非営利組織Germanwatchは、極端な気象関連損失事象の影響により、国や地域がどの程度影響を受けているかを分析し、第15版となるグローバル気候リスク指数2020(Global Climate Risk Index 2020)を発表した。

極端な気象関連事象と言って今年の台風15号などを思い浮かべる人が多いだろうが、利用されたデータは1999~2018年までであり、グローバル気候リスク指数2020は2018年のデータに基づく。

気候リスク指数(CRI) の計算式は簡単で、

$$CRI Score=\frac{死者数順位}{6}+\frac{人口当たり死者数順位}{3}+\frac{損失額順位}{6}+\frac{GDP当たり損失順位}{3}$$

と低いほど悪いという計算式になっており、2018年において日本は5.50とダントツで悪かった。死者数(2位)、人口当たり死者数(2位)、損失額(3位)、GDP当たり損失(12)位と全体的に高い指標である。

2018年の日本は3つの気象関連事象が計算に含められており、

  • 7月6~8日の平成30年7月豪雨(別名西日本豪雨)
  • 7~8月の熱波
  • 9月の平成30年台風第21号

と、全国的な猛暑と西日本を中心とした風水害と記憶に新しい。

フィリピンは2018年最大の台風マンクット(台風22号)、ドイツは記録的な熱波による影響である。

世間的には単年の1位が注目されるが、データとしては1999-2018年で計算された気候リスク指数の方がより意味のある。以下がそれを色ごとに分けられたものであるが、東南アジア、南アジア、欧州、中米などが非常に気候リスクが高い地域であることが分かる。こうして見れば日本は比較的軽度だが、これは地震が入ってからと思われる。

1999-2018年の気候リスク指数
出典:Germanwatch

また、20年間の順位が左下に掲載されている。 見づらいので国名と気候リスク指数だけを示しておく。

  1. プエルトリコ:6.67
  2. ミャンマー:10.33
  3. ハイチ:13.83
  4. フィリピン:17.67
  5. パキスタン:28.83
  6. ベトナム:29.83
  7. バングラデシュ:30.00
  8. ネパール:31.50
  9. ドミニカ:32.33

参考文献:Germanwatch, “Global Climate Risk Index 2020”

       

この記事の著者 HAL について

金融・マーケティング分野の機械学習システム開発や導入支援が専門。SlofiAでは主に海外情勢に関する記事、金融工学や機械学習に関する記事を担当。

HAL の記事一覧 SlofiAのtwitterアカウント@slofia_finance