ビンファストがF1ベトナムグランプリの冠スポンサーに

以前から噂されていたことではあるが、2020年4月にベトナムのハノイでF1が開催されるが、その冠スポンサーがベトナムの自動車メーカーであるビンファスト(VinFast)であることが14日に発表された。ベトナムグランプリの正式名称はFormula 1 VinFast Vietnam Grand Prix 2020 Hanoiとなる。

参考:F1ベトナムグランプリ公式サイト

公式サイトでもベトナム国旗の星が描かれたF1の後ろをビンファストの車(ビンファストのロゴはV)が走っているデザインであるのも企業の熱意が感じられる。

F1ベトナムグランプリ公式サイトのトップ画像
出典:F1ベトナムグランプリ公式サイト

ビンファストは、当サイトでも何度か取り上げているベトナム最大手の不動産会社VinGroup(ビングループ)の子会社で、2017年に設立されたばかりの自動車メーカーである。

関連記事:Vingroupの創業者がベトナム人として初めてForbes誌の長者番付の200位に入る

2018年のパリモーターショーに突如現れたベトナムの自動車メーカーとして海外では大きく報道され、元GM副会長を社長に据えたり、イタリア最大の自動車デザイン会社ピニンファリーナなどに車体デザインを依頼するなど、その資金力を活かして「ベトナム初の量産自動車メーカー」として勢いを増している。

F1の冠スポンサーとしてはかなり新米という部類の企業だが、国際的なカーレースイベントで大きく露出しようとできるのは親会社が巨大であるが故だが、創設以来の思い切りには驚くばかりである。

参考文献:Vietnam+, “Vinfast announced as F1 Vietnam GP’s title sponsor”, 15 Oct 2019

       

この記事の著者 HAL について

金融・マーケティング分野の機械学習システム開発や導入支援が専門。SlofiAでは主に海外情勢に関する記事、金融工学や機械学習に関する記事を担当。

HAL の記事一覧 SlofiAのtwitterアカウント@slofia_finance