MoMoがベトナムで最も人気のあるeウォレットに選ばれる

Vietnam+によると、ベトナムの経済誌 Nhip Cau Dau Tu紙(英名:Investment Bridge)が実施したオンライン投票により、eウォレットベンチャーであるMoMoが「ベトナムで最も人気のあるeウォレット2019」に選ばれた。

MoMoは他紙の「ベトナムで最も有名なスタートアップ10社」でも第一位に選ばれた有望なスタートアップであり、ベトナムのeウォレットサービスで最も多いユーザー数1,000万人を抱える。

関連記事:ベトナムで有名なスタートアップ10社(上)

投票における評価基準には、

  • 普及度
  • 信頼性
  • 銀行との連携などの拡張性
  • 取引の利便性
  • アプリの使いやすさ

などがあり、国防省系通信会社Viettelが運営するViettelPayなどを抑えての1位となった。

MoMoやViettekPayの他に、多くのユーザーがいるeウォレットサービスにはZaloPayやMocaがあるが、多くの顧客はセキュリティなどの信頼性を重視しているとのことだ。

その背景には、口座維持手数料の高さから銀行口座を持てない貧困層にとって、eウォレット自体が価値保有の手段として重宝されており、何よりもサービスとして信頼できることが重要である。

信頼性を前提として、電気や水道、インターネットの利用料の決済など、銀行口座振替を利用できない層にとって有用なサービス連携が可能であることも重要である。

最近は顧客層の拡大や所得水準の向上に伴い、銀行口座と連携できるサービスも重視されており、ZaloPayはそのあたりを早くから進めている。

有望なサービスとして今後も注目したいところだ。

参考文献:Vietnam+, “MoMo leads in e-wallet market: poll”, 21 Jul 2019

       

この記事の著者 HAL について

金融・マーケティング分野の機械学習システム開発や導入支援が専門。SlofiAでは主に海外情勢に関する記事、金融工学や機械学習に関する記事を担当。

HAL の記事一覧 SlofiAのtwitterアカウント@slofia_finance