米中貿易戦争の影で漁夫の利を狙うノキア

ノキアのCEOラジーブ・スリ氏は、米国がファーウェイに圧力をかけることでノキアが恩恵を受けることができると語った。

先月発表されたノキアがの第1四半期決算は予想外の赤字で、その理由が中核となるネットワーク競争の激化が要因だとしている。

参考:ロイター「ノキア、第1四半期は予想外の赤字 下期に圧力見込む」2019年4月25日

本質的な要因は、5Gの通信機器の供給が遅れたことで、スリ氏によると数週間から数ヶ月遅れているという。

一方で第1四半期決算発表以降に、別の商用5Gの契約を獲得したとも述べており、ファーウェイへの圧力は「長期的に見れば機会となる」と述べている。

アナリストはノキアとエリクソンが恩恵を受けると見ており、5G開発で遅れるノキアにとってはまさに「漁夫の利」を狙った姿勢である。

参考文献:Reuters, “Nokia CEO sees possible benefits from Huawei tensions”, 21 May 2019

       

この記事の著者 HAL について

金融・マーケティング分野の機械学習システム開発や導入支援が専門。SlofiAでは主に海外情勢に関する記事、金融工学や機械学習に関する記事を担当。

HAL の記事一覧 SlofiAのtwitterアカウント@slofia_finance