中国のスマートフォン最新トレンドは「買い換えない事」

日本では「実質0円」の終了やMVNOの浸透などによって2年に1回のMNPでスマートフォンを買い換える人が減っていくなど、一つのスマートフォンを長く使用する傾向が増えてきた。

しかし、同じ端末を長く使うという傾向は、一括0円などの仕組みが殆ど見られなかった中国でも出てきており、それがもはや「最新トレンド」だというのが紹介する記事である。

スマホのホットトレンドは?新しいものを買わないこと(CNBC)

  • スマホ業界は折りたたみ式や5Gをサポートする高価なスマホの販売を狙う
  • 多くのユーザーは、電話、メッセージの送信、インターネット接続が主たるニーズで、ハイエンド端末はオーバースペック
  • 多くのスマホが外観も機能も似てきており、進化が止まってきており、限界利益が低下しつつある
  • 一方でソーシャルメディアや動画ストリーミングなど5Gへの潜在的なニーズも多い

補足

3Dグラフィックを駆使したゲームなど一部の用途を除けば、多くのユーザーにとって必要なスマートフォンの機能には高いスペックが必要ではなく、上昇するハイエンドスマホの価格に見合っていない。その事により、中国の多くのユーザーにも「長く使う傾向」が生じつつあるという。

ミドルエンドで「そこそこのスペック」があるスマホであれば、多くの用途で快適に使えるが、そこがボリューム層になってくると大きな利益をあげられない。しかし、スマートフォンの成長が鈍化して久しく、差別化できるポイントが無くなってきた。

中韓など「折りたたみ式」などを押す傾向が強いが、そもそもタブレット需要がそれほど多くなく、5Gも話題が先行しているだけで、5G対応スマホがどれほど訴求力があるのかという点が指摘される。

一方で、ソーシャルメディアでも動画化の流れが進み、Netflixなど動画ストリーミングの需要は年々上昇し、5Gによる高速通信の需要は潜在的には多い。5Gのインフラ整備はこれからであり、整備が進んでいけば潜在的な需要を掘り起こせる可能性もある。

参考文献

CNBC, “The hot trend in smartphones? Not buying a new one”, 27 May 2019

       

この記事の著者 HAL について

金融・マーケティング分野の機械学習システム開発や導入支援が専門。SlofiAでは主に海外情勢に関する記事、金融工学や機械学習に関する記事を担当。

HAL の記事一覧 SlofiAのtwitterアカウント@slofia_finance